この1年の変化 

2018年の暮れ、第一子を妊娠したのに気づき2019年に息子が誕生した。

高齢出産でしかも第一子で不安と子育ての期待を胸に産んだ産院を退院したのを今でも覚えている。

その年の年末に無事にお食い初めを終わらせ、「来年からはお出かけたくさんして、ママ友もたくさん増やすぞ!」とそれだけが、産後ボロボロの身体に加えほとんど外に出ていなかった私の楽しみだった。

 

が、、年が明けて程なくして謎のウィルスのニュースを目にした。

まだ情報も不確かでまだ生まれたばかりの子供と産後免疫力ガタ落ちの私は不安で仕方なかった。

それから緊急事態宣言となり、ますます外に出れない実家にさえ帰れない。でも相変わらず仕事には行く夫。

今思えば、子供と2人きりで過ごす長いお家時間(コロナの不安の中の)は、心も暗くなり外にも出てないし人にもあっていないのに、連日目にするニュースで自分も感染してしまっているかもしれないという不安が押し寄せてくる。

プラス、初めての育児、、笑 そして、このタイミングでの乳腺炎。。

本当にきつかったとはこの事。

 

乳腺炎で熱がいきなり38度まであがり、全身痛くて動けない。と同時に「え?コロナ?」冷静に考えれば、乳腺炎の兆候も、症状もあり確実に乳腺炎

だけど、時期が時期だけに無駄に不安になり、検索魔。検索すればするほど散乱する情報に不安になるだけ。病院にも行けないし、そのころはコロナではじめでとにかく自宅待機と様子見をすることにしたけど、家の中で家族と会わないように自主隔離。

だけどまだ母乳が必要なわが子は待ったなしに母を求めるから、私はフラフラになりながら授乳や寝かしつけ等必要最小限の育児をするのであった。。もちろん夫がメインで育児してくれるものの、母にしかできないこともあるから仕方ない。

 

結果、熱も引いて乳腺炎だったと安心したけど、もし自分が感染していたとして人に移すのが怖かったから(特にお年を召された方には、、)、念のため2週間、外出しない&人と会わなかった。

しかもそんな感じが1年3か月の授乳期間で3回くらいあった。。

 

今は笑い話になるし、なんともなかったから良かったけど怖かったし身体も辛かったなぁ。。

企画していたママ会の中止や、会いたい人に会えない。会わせたいい人に会えない。

親にも持病がある親には会えない。

 

だんだんと、コロナとの付き合い方が少しずつ分かってきたと同時に息子もあっという間に1歳。私の育児も落ち着いてきて、今は心も穏やかに過ごせている。

今春からの職場復帰は、どうやら4割型自宅勤務となりそうだ。

 

この1年で生活の仕方、働き方、ぐんと変化した。

職場でもテレワークを以前から実現させようとそれこそ、3年ほど練っていたけどこのご時世になりすんなり自宅勤務になったというかならざるを得なかった。

急激に変化を求められる時代なんだなと実感することが多かったなぁ。

 

だからこそ、自分や家族を守るためにその時その時に柔軟に対応できる柔軟性や情報に振り回されない強い心と本物を見極める力をつけることが重要なんだろうなと思う。

 

 

お題「#この1年の変化」